デューロのタイヤとかしっかりと路面を掴んでくれる感じが好み

バイクに夢をはせるときってツーリングの事を考えたりしませんか。ただメカニックな面でバイクに惹かれるということもあるでしょうが、わたしはどうしてもそのバイクでどこへ行けるか、どんなドラマが待っているか夢想してしまいます。みんなの考えるツーリングとは、バイクとはなんでしょうか。まずわたしの思うツーリングは高速道路を使ってドバッと都心を抜けて自然のあふれる土地にワープするものです。非日常に誘ってくれるツールとしてバイクを考えます。会社で生きてる自分が急にノマドに変身できちゃうわけですからそこにドラマチックを感じるのです。ツーリングで行く距離を考えると大型のオンロードモデルならストレスなく走れそうですね。でも排気量は400ccくらいに留めておきましょうか。単に限定解除をとる気構えがないだけかもしれませんが…。カウルがあれば高速道路も疲労感は低減できそうなのでありがたいですね。でも速度をそこそこにしておけばネイキッドタイプでもそんなに遜色はないでしょう。


レプリカタイプの前傾姿勢がいいか、アメリカンタイプのおおらかさがいいか、これはどちらも体験したいところです。ただ前傾姿勢が極端にきつくって腰が痛くなるのはゴメンですね。レーサーじゃないのでスピードだけに振った機能やデザインはわたしには魅力に感じません。わたし的にはアメリカンタイプのおおらかさに大陸横断の夢が見える感じでなぜか惹かれるのですが…。風雨にさらされるとカウルで軽減させないと辛く感じるのでしょうね。アメリカンタイプは全身で風を受けながら走ることになってしまうので。長距離ツーリングとなると荷物も多くなります。しかし積載が多くなり重たくなって走っていないときのバイクの取りまわしがきついのは困ります。シート下やカウル内の収納スペースにたっぷりあると積載も楽ですね。


どうしてもツーリングは荷物が付き物ですから積載の事も大切です。タンデムシートは平らで幅も広いのなら荷かけフックもちゃんとついてるのがいいです。タンデムシートにも荷物を積みたいところです。タイヤは自分の思うものに履き替えたいので色々替えるかもしれません。デューロのタイヤとか走行すればしっかりと路面を掴んでくれるグリップ力の高い感じのものが好みです。経済的にもロングライフタイヤなどで長く使えるものがいいです。まぁこういう訳で夢は広がるのですが、まずはバイクをどういうものにするのか決めないとはじまりません。もっと実物に触れてみたいですね。